• ホーム
  • 精子の量が減ると射精感が悪い

精子の量が減ると射精感が悪い

けんかしているカップル

世の中には性行為に支障をきたしてしまうほどの勃起不全に悩まされている方がたくさんいます。
もし精巣で生死を作る機能が弱くなっていて、その量が減ってしまっていると射精感が悪く、それも要因の一つとして勃起不全を起こしてしまうことがあります、もしそのようにEDでお悩みのかたがいらっしゃいましたら、その治療薬を使ってみるとよいでしょう。
ED治療薬にはさまざまな種類があり、そしてその服用方法や効果も異なります、基本的には血流を入る側を良くし、出る側を悪くすることによって性器内に血液をとどまらせ、勃起を促すという仕組みになっているのですが、その治療薬でも人気の高いものがレビトラです。
このレビトラは、食事後に服用するとその効果が半減してしまうことの多いED治療薬の中でもきちんとその効果を発揮してくれる薬であり、また少量であれば飲酒後でも問題なく効果を発揮してくれる非常にありがたい薬です。
このレビトラを服用することによって、性生活に自信を取り戻すことができるのではないでしょうか。
もし精子の量が少ないという診断がされたのであれば、毎日の食生活などを少し改めたり、また別の薬を服用することによってその治療もおこなっていく必要があるでしょう。

将来子孫を残すためには、元気な精子の存在は必要不可欠ですから、この精子の量が少ないという問題は非常に深刻な問題です。
単純に射精感が悪いというだけでなく、もっと大変な問題なのです。
ですから、そのような診断が下された場合には、勃起不全よりも先にそちらを治療するべきかもしれません。
もしかしたら、きちんと射精感が戻ってくることによって勃起不全も一緒に解決されるかもしれないからです。